イマカク!

学生が送る雑記ブログ

LinksMateレビュー/格安SIMの欠点を無くした最強のSIM

今回は格安SIM「LinksMate」の紹介です。

実際高1から高2まで使用した感想も踏まえて紹介します。

 

 

LinksMateにするメリット

LinksMateは公式サイトに回線の速度表を提示している。

速度が今まで1mbps未満になったケースが稀で、実際の通信速度を堂々と出している業者がめったにないところからこのLinksMateの凄さが伺える。

コンビニで通信量が払える
LPという仮想通貨を使って月額の通信量が払える。ローソンやファミマでも購入可能です。クレカ無しで月額料金が払えますよ。(未成年でも月額料金を自分で払える)

LPについて | リンクスメイト -LinksMate-

料金が安い(ただし長電話する人はデメリットを参照)

カウントフリーオプションで実質通信し放題

これは簡単に言うと通常の通信プランの容量に追加して一部のサイト、アプリだとほぼデータ通信の容量を使わずに通信がされるというオプション。

 
ちなみにゲームのカウントフリーがあるのはLinksMateだけ(イマカク!調べ)

ニコニコ動画・生放送、AbemaTV、プリコネなどを中心にして、荒野行動、バンドリやアイマスもあるのはゲーマーに嬉しいポイント。
 

LinksMateのデメリット

電話を中心に使う人に向いていない
10分間かけ放題(+850円)や留守番機能などのオプションが割高。
退会はいつでも有料


MNP転出込みで退会時に発生する金額は約5000円。SIM返却も必要。

 

容量の確認はブラウザからのみ
LinksMateのマイページに毎回ログインをして確認ができます。
自動ログインはなく、アプリもないです。

f:id:guttyi:20190616232518p:plain

通信量確認画面

実際につかってみた。

リュウが入ってみたプラン

f:id:guttyi:20190616232512p:plain

料金の詳細
  • 5GBプラン
  • 音声通話なし(SMSのみ)
  • カウントフリーのオプションのみ追加

月額約2100円

これといった不具合なく快適に使用できています。
 
カウントフリーの感想
カウントフリーでの過去最高の通信容量は10GBでした。
カウントフリーのアプリだから速度が遅くなるということはあまり感じられず、通常の通信容量が残っていれば制限はかからないみたいです。
日頃の通信内容
 
通学時にニュース系のサイトを見て、昼はゲーム、帰りはAbemaTVでという使い方で大体1日の通信容量はカウントフリー除いて500MBになるように頑張る感じです。
 

LinksMateのまとめ

ギガを使いたい!という方にはうってつけなLinksMateです。通学時にAbemaTVやニコニコ見放題で2100円はかなりいいと思います。もし格安SIMを検討中ならぜひとも候補に入れてみては?
(あとオペレーターの人めっちゃいい人だった。)